※ネオは静止型です。エアセルを膨張収縮させるタイプではありません。

  メーカー価格・仕様

 

  

     
体位変換は褥瘡予防以外にも、これだけの効果があります。

内臓機能を正常に保つ
背骨を動かすと腹筋等の筋肉が動き、つられて腸管が動くなど、内臓を刺激して機能を促し、身体に大きな影響を与えます。また、手足などを動かすだけで神経反射が起る。
例:褥瘡処置時に排尿・排便が多くあることなどetc
循環障害を予防する
血液の流れが変わるため血行が良くなり、血液の循環障害などによる臓器のむくみや機能低下を予防する。
肺炎を予防する
肺部における分泌物の沈下やうっ血を防ぎ、沈下性肺炎を予防する。
間接の拘縮や変形を予防する
動かさなければ筋肉がやせておとろえ、関節が動かなくなるが、少し動かすだけでも予防効果がある。
心理面でも効果的
心理面でも重要な作用を及ぼします。身体の向きを変えると視界の変化や痛み、シビレを取り去り精神的な苦痛から解放する。

     

 マットを左右に傾斜する体位変換マットの問題点であった身体の滑り落ち。 ネオはエアセルを縦方向に配列することによりこれを解消。身体を包み込みながらターニングします。
 エアセルが身体の骨のライン(頭部・頚椎・脊髄・腰骨方向)に沿って並んでいるため、 安定してホールドします。7本のエアセルに包まれた状態で傾斜するのでズレや圧迫が生じません。

     

 安定感良く、しかも低圧で身体を支えるためエアセルは2層式にしました。上層では柔らかく身体を包み込み、下層ではしっかりと支え底着きを防ぎます。
 
 ベッドを背上げした使用環境での底着きの危険性についてもネオは配慮しました。ボタンひとつでマット内圧がアップし、しっかりホールド。底着きを回避し、背部への圧力の集中がもたらす褥瘡の発生を防ぎます。
     

 どなたにでも安心してご利用いただけるように、操作は大きな表示でシンプルなタッチパネル式。ボタンひとつで好みの設定にできます。
 ベッドのフットボードに掛けられるフック付き
 

5種類の寝返り動作が選べます。

@左向き
A右向き
B左向き⇒上向き
C右向き⇒上向き
D左向き⇒右向き